接骨

接骨治療

当院だけでなく接骨院、整骨院は骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲といった急性期の症状を保険内治療として行います。

上記にあげたもの以外は基本的に保険治療とは認められず全て実費扱いとなります。

当院の治療内容は低周波やローラー、メドマー(空気圧治療機)などの機械療法と手技療法で、後者の手技療法を主体に治療を行っております。

手技療法とは損傷部位及び、その周囲の筋肉を手技によりゆるめ、血行を促進させ、損傷している筋肉や靱帯の回復を早める療法です。手技にもいろいろな方法があり指圧、揉捏、軽擦、症状に合わせた技法を取り入れ一日も早く患部を治癒する様に取り組んでおります。

みなさんの思われている肩凝りや腰痛もただの肩凝りではないかもしれせん。
本来の肩凝りは筋肉の緊張による一時的な強ばりですが、これが繰り返し起こると段々と筋肉本来の柔軟性が損なわれていき、関節を動かした時に充分に伸びず、本人にも分からないぐらいで筋肉の損傷になっている恐れがあります。それ自体に痛みは伴わなくても、その状態を放置しておくと肩が上がらなくなってきたりする事があります。

接骨は筋、骨のスペシャリストです。 身体に関する異変などは一度ご相談下さい。

治療対象症状

骨折

外力により、骨の連携が断たれたもの。
不全骨折(ヒビ)は骨もしくは骨の膜に傷が入ったもの
足を柱にぶつけて少し腫れている等も、ヒビが入っている可能性もあります。
脱臼

外力により骨頭が関節内より逸脱し、正常な動作が出来ないもの、手をついて倒れた時の後、肩を充分に動かせない等
捻挫

転倒などにより関節の本来の可動域を超え、軟部組織(筋、鞍帯、腱)が損傷するもの頸を寝違えた(頚椎捻挫)、腰を捻った時に痛くなった(腰部捻挫)等

*こちら2・をクリックすると大きく表示されます
打撲

転倒などにより打った場所の筋肉が挫滅するもの。少しぶつけて放っておいたら治ったというのは間違いです。

*こちら2・をクリックすると大きく表示されます
挫傷

急激な動作により筋肉の限界を越え、筋肉が断裂するもの、局所に連続的に圧迫を受け、組織に座滅を生じたもの。

以上は一般例を挙げてみました。少々痛くても「放っておいたら治った」という体験はあると思います。それは間違いです。軟部組織がくっつき合って動かなくなり、痛みが出なくなるのが実状で、組織の短縮が起こり、短くなっている所は過度の加重がかかり、再び損傷する原因となります。痛めたら即刻お近くの整形外科、又は接骨院に治療に行きましょう。


▲トップへ戻る
Copyright(c)2000-2016.加賀鍼灸整骨院.All Right Reserved.